医療法人社団愛語会 要町病院
要第2クリニック

腹水治療センター概要

所在地:東京都豊島区要町1丁目11-13

松崎圭祐センター長

1981年広島大学医学部卒業、医学博士
高知大学医学部臨床教授・非常勤講師
日本胃癌学会評議員
日本臨床外科学会評議員
CART研究会世話人(事務局長)

センター長
松﨑圭祐
センター長代行
吉澤明孝
センター臨床工学室長
鈴木幹子
  1. 1991年1月:要町病院でCART開始
  2. 2009年:難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)の普及、癌治療への積極的応用を目的に要町病院内に腹水治療センターを設立
  3. 2011年5月1日:KM-CARTの開発者である松﨑医師がセンター長に就任
  4. 2011年7月:CART研修施設併設
  5. 2014年のCART施行数:831例 合計2,373例(国内最多)

腹水治療センター設立目的

当センターは以下の目的で設立しました。

  1. 手続きや手技の統一を図り、クリニカルパスなどの導入により、安全かつ円滑に治療を行い、患者・家族のQOL向上に寄与する。
  2. 医療者へのCART研修、一般への啓蒙活動を行い、CARTの周知並びにその普及を図る。
  3. CARTに関する臨床研究を行う。